部屋探しのポイント

【賃貸】友達同士のルームシェア物件の探し方

いらっしゃい、カヲル(@arida_kaoru)です!

以前、友達とののルームシェアは厳しいという記事を書きました。

 

【友達とのルームシェア】現実は厳しい。いらっしゃい、カヲル(@arida_kaoru)です! 本日は、友達同士のルームシェアについて解説していきたいと思います。 ...

 

厳しいのは分かった。でも、やっぱり友達と住みたいという方に、じゃあ、どうすればルームシェアOK物件を探すことが出来るかお伝えしていきます。

と、その前に探しに行く前に一緒に住まれる方と話し合っておいた方がいいことが2点ほどあります。

【準備①】お部屋の希望条件をすり合わせておく

これは、当たり前のことですが、大切です。

結構、思いつきでルームシェアしよっか!みたいな勢いで不動産屋を訪ねて、現実を知って、玉砕するっていうお客さんを見てきました。

そして、私のルームシェアのお客さんの決定率ですが、10%以下です。。

もちろん、私の力量の無さが決定率10%以下という数字に表れているのは分かってます。

ただ、ご希望を聞いて、希望物件が見つかっても、ほとんどの物件がルームシェアNGなんですよね。

それで、ルームシェアOKの物件を紹介すると、気に入らない。。

大体のお客さんがこういう流れで玉砕して、帰られるというのが多かった気がします。

まずは、入居されるお二人の希望をすり合わせておきましょう。

希望賃料・希望間取り・希望エリア・我慢できないこと(1階NG・駅近etc)を話しておく

 

【準備②】お互いの連帯保証人を立てられるか確認しておく

次に、せっかくルームシェアOKで気に入った物件に出会っても、審査の段階でNGになるのは勿体ないです。

ほとんどが、保証会社の審査が入ると思いますので、入居審査でNGになるというのは、あまりないですが、過去に家賃滞納を経験している・クレジットカードを作れない状態になっている方は、保証会社の入居審査NGになる要因です。

苦労して見つけたのに、自分の過去の滞納が原因で審査NGとなると、相手方にも気まずいですよね。

また、ルームシェアの場合、他人同士が住むということなので、貸主さんも少し不安です。保証会社を入れて、かつ、連帯保証人を立ててほしいと言われる場合もあるので、親族の方(両親・兄弟etc)に連帯保証人になってもらえるか確認しておきましょう。

その場合、連帯保証人の必要書類は、実印・印鑑証明書になります。審査時に連帯保証人の収入証明書を求められる場合もあります。

オナギ
オナギ
面倒くせ。
カヲルくん
カヲルくん
でしょ。ルームシェアには物件の壁と審査の壁の二つが存在するんだよ。

 

ここまで、準備頂けましたら、いざ不動産屋へ!

 

【行動①】どの不動産屋を選ぶかが重要

ここまでで友達同士のルームシェアが難しいというのが改めて、ご理解頂けたかと思います。

お二人の希望物件や連帯保証人の件がクリアになりましたら、不動産屋を見つけることになります。

 

ここで重要なのが、どの不動産屋を選ぶかになります。

 

あまりオススメしないのが、電話でのアポやメールでのアポを取らないで、飛込みで不動産屋に来店することです。

 

通常のお部屋探しと違い、友達同士のルームシェア物件は、非常に見つかりにくい。

ってことは、不動産屋の営業マンの中には、、

 

友達同士のルームシェアのお客さん
=あまり接客したくないお客さん

 

と思う営業マンもいます。正直なところ。。。

 

オナギ
オナギ
言っちゃたよ~。

 

嘘とか建前で言っても仕方ないからね。

営業マンにとって、決めやすいお客さんを接客したいのに決まってるよね。

でも、飛込みのお客さんで、

・二人の条件がバラバラ

・いつから住むとかも決まってなくて、思い付きで来店した

・ルームシェア可能物件が少ないという現実を分かっていない

ってお客さんだったら、

 

オナギ
オナギ
オェーー

 

ってなっちゃうよね。

もちろん、僕はそんなこと思わなかったけど、何とか難しいってことを分かってもらいつつ、引っ越しモチベーションを上げようと頑張ってたけどね。

それでも、決定率10%以下なんだよね。

 

じゃ、どうするのか。

行動②事前のアポで友達同士のルームシェアを伝えておく

先ほどの件で誤解されると困るから言っとくけど、友達同士のルームシェアのお客さんが嫌な訳じゃなく、飛込みで来られると、準備出来てないので、困っちゃうってことなんだよ。

 

事前にルームシェアであること、いつから入居したいか、どういった間取りが希望かなど伝えられていれば、来店頂くまでに事前に調べておくことが出来るんだよね。

不動産屋の営業マンも特別に調べる方法なんかないんですよね。

 

1件1件、電話で確認するしかないんだよ。

 

なので、事前に伝えておくってことが重要なんですよ。

 

最後に

以上が友達同士のルームシェア物件の探し方でした。

探し方というか、探すのは担当した営業マンだからね。探してくれる営業マンまでどう辿りつけるかが大事ってことかな。

あと、友達同士のルームシェア物件と出会うイメージですが、

希望物件を伝えて、その中から物件を選択する

ルームシェア可能な物件から、希望物件を見つけるというスタンスの方がスムーズに見つかるかもしれませんね。

じゃ、またね!