はてな?

【民法改正】保証人制度が厳しくなるとか。

いらっしゃい、カヲル(@arida_kaoru)です!

本日は、以前案内日記Vol.2で少し触れました民法改正に伴う保証人の内容変更について書きたいと思います。

【後悔】賃貸の契約の連帯保証人をやめたい!いらっしゃい、カヲル(@arida_kaoru)です! 昨日、営業終了前、18時40分頃にお客さんがご夫婦?で来店されました。お部屋探...

 

【民法改正】保証人制度が厳しくなるとか。

2017年5月に成立した「民法の一部を改正する法律」が2020年4月1日より施行されます。

この法改正により、

 

女性
女性
あなた、〇〇さんの連帯保証人になってますね。〇〇さん、連絡全く取れないので、あなたが2,000万円支払ってください。

男性
男性
ちょちょ、ワシ名前貸しただけやん!そんなん知らんで!
女性
女性
いや、ここに確かにあなたの実印で押印されてます。印鑑証明書もあります。
男性
男性
マジで。。
女性
女性
真面目です。

男性
男性
あかん、自己破産しかあらへんがな。。
女性
女性
ウシジマ社長、自己破産とかふざけたこと言ってます。

 

ってことが減ることが期待されてます。

オナギ
オナギ
ウシジマくんで見た!
カヲルくん
カヲルくん
ウシジマくんは、治外法権じゃない?違うか。

※怖ーい金融屋さんの漫画なら、ウシジマくんがオススメ!

 

 

では、大きく変わるポイントを3つご紹介します。

※以下内容は、保証人にも連帯保証人にも適用されます。

 

上限額を決めていない個人の根保証契約は、無効

根保証契約とは、保証人になった時点で、補償額がいくらになるか分からない場合などの「不特定の債務」を保証する契約のことを言います。

 

オナギ
オナギ
難しい。。
カヲルくん
カヲルくん
賃貸物件の連帯保証人もこの根保証になるよ。家賃の滞納額って契約した時点で分からないでしょ?保証契約を契約した段階で、実際にどれだけの債務が発生するか分からないケースを根保証っていうんだ。
オナギ
オナギ
なるほど。それを初めに決めろと。
カヲルくん
カヲルくん
そいうこと。

 

保証人が支払い責任のある金額の上限を決めていないと保証契約が無効になります。

これも保証する人を保証される人との間で書面で合意して決める必要があり、「〇〇円」と金額を記載しておかないといけません。

 

オナギ
オナギ
お金を借りるとかなら、借りた額を限度額にすれば、分かりやすいけど、賃貸だったら、分からないじゃん!

 

そうなんです!

賃貸の連帯保証人の場合、契約者(借主)が賃料滞納した場合、その滞納した金額を連帯保証人が支払う義務がありますが、その支払う金額を事前に決めないといけません。

ただ、その契約者(借主)がいくら滞納するかを初めに決めるって、なんか変な気しますよね。決めないと無効ということなんで、仮に決めたとしても、「賃料の12ヵ月分で〇〇円まで保証することとする。」と記載したなら、逆にいうと、その金額以上は、連帯保証人に請求出来ないということになります。

保証する金額の限度額を〇〇円まで保証と設定する必要がある。

 

特別な事情による保証の終了

例えば、、

・保証人が破産した場合

・債務者(契約者)、保証人が死亡した場合

などは、その後に発生する主債務は、保証の対象外となります。

 

オナギ
オナギ
また、ムズイ。。

 

例えば、賃貸でいうと、賃貸人(家主)・賃借人(借主)・連帯保証人で賃貸借契約したとする。

その場合、以下の2パターンが出てきます。

賃借人(借主)が死亡した場合

賃借人(借主)が死亡した場合、その時点で家賃滞納が2ヵ月あったなら、連帯保証人が保証する保証額は、その賃料2ヵ月分で確定するということになります。

 

ここで重要なのが、賃借人(借主)が死亡しても、賃貸借契約は継続するということです。

 

賃貸借契約は継続するにもかかわらず、連帯保証契約はその時点で保証額が確定するので、それ以降に発生する債務を連帯保証人が支払う義務はなくなるということです。

 

オナギ
オナギ
借主死亡してるのに、賃貸借契約継続なの?
カヲルくん
カヲルくん
そう。借主の賃借権は相続人に相続されます。

 

そうなんです。

賃借人が死亡しても、その賃貸借契約は終了しません。現在、賃貸物件を借りられていらっしゃる方なら、契約書の後ろの方にある約款を確認してください。

当社で使用している契約書の約款には、

「契約の終了」
第14条 天変地異その他賃借人の責めに帰することのできない時由により、通常の用に供することができなくなった場合、又は、都市計画等により、収用および使用制限され、本契約を継続できなくなったときは、本契約は消滅する。

とあります。

賃借人死亡により、本契約は終了するという内容はありません。

 

オナギ
オナギ
それって、事故物件とかなったら、家主さん、最悪じゃん!賃貸借契約は継続するってことでしょ?

 

そうなんです。

 

そのお部屋で亡くなって、1ヵ月後に発見されたという場合、賃貸借契約の権利は、その相続人に引き継がれ、その死亡した段階での債務を支払えばいいので、その後の原状回復費などを支払う義務がなくなります。

 

連帯保証人が死亡した場合

こちらも先ほどの場合と同様です。

連帯保証人が死亡した段階で、債務額が確定するので、連帯保証を相続する相続人はその確定した債務額を支払えばいいということになります。

それ以後に賃借人(借主)が賃料滞納したとしても、死亡した連帯保証人の相続人は、その債務額を支払わなくていいんです。

 

オナギ
オナギ
じゃ、連帯保証契約はどうなるの?
カヲルくん
カヲルくん
賃貸人か、賃借人が連帯保証人を探さないといけないね。
オナギ
オナギ
うわー、面倒。。

死亡・破産した場合、それまでの保証でOK!それ以後は保証しなくてよい。

 

保証人になる際、債務者の情報提供義務が必要

これは、事業用(事務所や店舗など)物件の賃貸借契約のみになりますが、賃借人(借主)が連帯保証人をたてる場合、連帯保証人に賃借人(借主)の財務状況を伝える義務が必要となりました。

事業用物件の連帯保証人になるっていうのは、あまりないかもしれませんが、例えば、、

女性
女性
独立してお店することになっったんだけど、連帯保証人が必要なんです。お願いできないでしょうか?
親が年金暮らしで連帯保証人無理なんで。。
男性
男性
へー、ま、応援したいから、連帯保証人になってもいいけど、今、借金とかいくらある?いくらぐらいの売上見込めるん?貯金いくらある?

 

というイメージです。

この賃借人(借主)の財務状況を知らせていなかった、知らなかったなどあった場合は、連帯保証契約を取り消すことができます。

そうなると、今回の場合、独立したお店がうまくいかず、閉めることになり、賃借人(借主)に何らかの債務があった場合、連帯保証契約を交わしていても、「契約の時に債務状況とか聞いてないから、連帯保証契約取り消すわ!」ってことになっちゃいます。

連帯保証人に伝えるべき情報ですが、5つあります。

・賃借人の財産状況

・賃借人の収支の状況

・賃借人が賃貸借契約の他に負担している債務の有無ならびにその額

・賃借人が賃貸借契約の他に負担している債務がある場合、その支払い状況

・賃借人が家主に保証金などの担保を提供するときはその事実および担保提供の内容

この内容を連帯保証人は知っておかないといけないので、契約書にこの内容を盛り込んで、署名・捺印ということになるでしょうね。

 

オナギ
オナギ
洗いざらい教えろってことね。
カヲルくん
カヲルくん
そうね。当然な気もするけど、知らないと取り消せるっていうのが、ポイントよね。

連帯保証人に債務者の財務状況等の情報を知らせる義務あり。知らない、伝えていない場合は、そ連帯保証契約を取り消せる。(事業用に限る。)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?2020年4月から施行される民法改正の内容。

他にも個人が事業用の融資の保証人になる場合は、公証人による保証意志の確認をしなければならないというのもございます。

当社は、賃貸業なので賃貸借契約に関係する内容をまとめてみました。

今後は、賃借人(家主)にとっても、連帯保証人を立てるということ自体がリスクになるという時代になってくるかもしれませんね。

当社管理物件では、連帯保証人は立てずに、保証会社を利用頂くことを必須条件としております。今回の法改正で、そういった保証会社を利用する流れになっていくでしょうね。

 

じゃ、また!