不動産業界

【NG営業マン】こんな営業マンは嫌だ!

いらっしゃい、カヲル(@arida_kaoru)です。

この間、休みに自宅の玄関先でボーっとタバコを吸ってましたら、ヤクルトのおばちゃんが訪問してきました。

それがね、契約する気もなかったのに、いつの間にか週1回600円のヤクルトを契約しちゃったんですよね。

不思議ですよね、ヤクルトのおばちゃんの営業って。

600円くらいいいっか、体のこと何も考えて生きてないし、乳酸菌ええらしいし、まぁ、ええっかってね。

何でしょうね、ヤクルトおばちゃん営業、見習いたいものです。

今回は見習いたい営業の逆。こんな営業マンは嫌だ!をご紹介していきたいと思います。

あくまで、私の独断と偏見です。では、どうぞ!

こんな営業マンは嫌だ

不動産業に限らず、色々な業種で営業マンはいるかと思いますが、不動産業界の営業マンは個性たっぷりの方が多めです。

不動産屋の求人募集は、特に資格等は必要ないことが多いので、窓口が広いがゆえといったところでしょうか。

では、私が今までに出会った営業マンで「こんな営業マンは嫌だ!」をご紹介させて頂きます!

土地勘がない

土地勘のない営業マンは嫌だ!

不動産屋の営業マンといえば、地域情報や土地勘を詳しく分かっていると思われがちです。

ただ、新人さんだったり、他店舗から異動で来たりの営業マンですと、分からないことばかり。

初めは仕方ないかと思いますが、やはりお客さんにとっては、地元ならではの情報や治安なんかも詳しく聞きたいですよね。

ヤナギ
ヤナギ
あー、確かにね。案内中に道間違えるとか、大丈夫?って思うよね。
カヲルくん
カヲルくん
スムーズに案内するには、事前の準備とか、物確とか必須だよ。

土地勘がないや新人営業マンだって方は、事前準備が非常に大切です。

案内予定の物件を案内前に見に行き、どこに駐車するか、近くのスーパーはどこかなど把握しておかないといけません。

 

物件を知らない

物件を知らない営業マンは嫌だ!

物件を知らないっていうのも、土地勘がないっていうのと同じでお客さんが不安になる一つですよね。

例えば、物件によってオーナーが違うわけですから、ここのオーナーはどういうオーナーか、どういった方が入居されているかなど、インターネット上には載っていない情報をお客さんは聞きたがります。

そういう情報も知っておくことが、お客さんの痒いところにも手が届く営業マンってことになります。

ヤナギ
ヤナギ
それな。物件に詳しい=安心して任せられる担当さんってイメージになるもんね。
カヲルくん
カヲルくん
そうそ。これも事前準備でクリアできるよね。ネットで分かる情報を伝えても、価値ないもんね。

人の話を聞かない

人の話を聞かない営業マンは嫌だ!

これは、営業マンじゃくても、人として嫌ですよね(笑)

接客シーンでもお客さんの話を聞かずに、自分の勧めたい物件をマシンガントークで勧めている営業マンをよく見かけます。

そのときは、申込してもらえる場合もあるのですが、お客さんの中で聞きたいことや不安なことの解決ができておらず、不完全燃焼のため、後日、キャンセルの電話が来るってことが多いかな。

ヤナギ
ヤナギ
あー、自己満営業ね。
カヲルくん
カヲルくん
そうそ。営業戦略として人の話聞かない戦略とか基本的にないと思うんで、元々人の話を聞かない人だと思うけどね。
ヤナギ
ヤナギ
上限家賃7万円って言ってるのに、「これ良いですよ!」って、8万円の物件紹介するとかね。
カヲルくん
カヲルくん
いや、だから~、7万円って言ってるやん、さっきから!てね。もう帰りたくなるよね。

上から目線で偉そう

上から目線で偉そうな営業マンは嫌だ!

これも稀にいる営業マンですね。

例えば、「家賃交渉出来ますか?」とか聞くと、「はぁ?無理ですよ。」とか、オーナーに聞くこともしないで、答える営業マンとかですね。

ヤナギ
ヤナギ
あー、お前に聞いてない。オーナーに聞いてくれ。ってやつね。

確かに明らかに無理な交渉を言われるお客さんもいらっしゃいますけど、あくまで不動産業はサービス業ですからね。

丁寧な対応、誠実な接客を心掛けないと、お客さんも逃げちゃいますよね。

口癖が気になる

口癖が気になる営業マンは嫌だ!

(笑)これは、好き嫌いありますけどね。
ま、私の独断と偏見で紹介紹介させて頂きます。

敬語を使えず、なれなれしい

男性スタッフ
男性スタッフ
お部屋探しですか?
女性
女性
はい、そうです。

男性スタッフ
男性スタッフ
どの辺っすか?
女性
女性
え?

男性スタッフ
男性スタッフ
どの辺で、いくらぐらいっすか?

フランクで親しみやすいって言えば、聞こえはいいですけどね。初対面なんで、お互い話しやすい環境になるまでは、敬語は当然ですよね。営業マンは、第一印象って言いますし。

 

ですよね~が多い

女性スタッフ
女性スタッフ
この物件とかどうでしょうか?
男性
男性
ん~、ちょっと高いかな~。7万円以下ってないですかね?

女性スタッフ
女性スタッフ
ですよね~~。ちょっと待ってくださいね。これ、どうですかね?
男性
男性
あ~、駅から徒歩15分かぁ~、10分圏内とかないですか?
女性スタッフ
女性スタッフ
ですよね~~ですよね~。駅は、近い方が良いですよね~~。

こういう営業マンいません?「ですよね~」を連発する営業マン。以前、勤務してた会社にいましたね。

ヤナギ
ヤナギ
ですよね~ってことは、知ってましたけどねってことが前提よね。あなたの条件知ってましたけど、紹介してみました、でも違ってました、違ってますよね~、知ってましたよ~、の「ですよね~」の使い方よね?
カヲルくん
カヲルくん
そこまで考えて使ってないやろ。。

 

やたらと「僕のお客さんで~」を連発してくる

物件紹介していると、やたらと「僕のお客さんがこのマンションの2階で契約頂いたんですよ~。」「このマンション、新築当初、僕のお客さんで半分くらい埋まりましたよ。」と、僕僕アピールがすごい営業マン。

ヤナギ
ヤナギ
あ~、いるかも。だから、、何?ってやつね。
カヲルくん
カヲルくん
とにかく、僕のお客さんは、僕のお客さんは、がうるせーの。

いますよね。僕のお客さんアピール凄い人。ちょっとテレビ出てる有名人なんかを接客した日には、あれ、僕のお客さんなんですよーって。

カヲルくん
カヲルくん
おめーが勝手に思ってるだけで、向こうは顔も覚えてねーわwww

手首の数珠の数が異常

手首の数珠の数が異常な営業マンは嫌だ!

ヤナギ
ヤナギ
そんな営業マンおる?
カヲルくん
カヲルくん
おった。パワーストーンかな。パワーストーンは良いと思うけど、1つで良くね?
ヤナギ
ヤナギ
確かに。

まあ、不動産業界は古い業界でもありますので、縁起とか、気にされる方も多くいらっしゃいます。

例えば、不動産屋で水曜日が休みが多いのは、契約が水に流れるから休みとか。でも、坊さんやないねんから!って、異常な数の数珠はいかがなものかと。。

ヤナギ
ヤナギ
坊さんでも数珠1つよ。

余計な商品を売りつけてくる

余計な商品を売りつけてくる営業マンは嫌だ!

物件を申込む際に、契約金の見積もり書を作ってもらうかと思いますが、その明細の中に聞いていない項目の商品が入っていたりします。例えば、消火剤とか、消臭スプレーとか。

男性スタッフ
男性スタッフ
契約金の明細ですが、こちらになります。

男性
男性
。。。。この消火剤って何ですか?

男性スタッフ
男性スタッフ
あー、これはご自宅で料理されるかと思いますけど、揚げ物とかしてて、間違って油に火が移ったりしたら大変ですよね。オーナーさんもアパートで火災が起こるのが一番怖いんで、入居者さんに万が一のために緊急の消火剤を準備しておいてほしいっていうオーナー側の要望なんですよね。
男性
男性
あのー、一人暮らしなんで、揚げ物しないんですけど。

男性スタッフ
男性スタッフ
あー、一応必須ってことになってるんですよね。必要ないってことなら、この物件が必須物件なんで、必須じゃない物件を中心にご紹介しましょうか?

男性
男性
いや、オーナーさんの要望なら仕方ないですね。。

という具合に、勝手に請求書に項目が入っていたりします。

もちろん、その商品の売り上げの一部は、営業マンの成績なり、会社の売上になります。オーナーさんの要望ってのもほぼほぼ嘘が多いですね。オーナーさんが言ってるとか言われると、お客さんは、本当かどうか分かりませんので、言われた条件で契約してしまうっていうね。

お店を爆発させて、近隣に迷惑を掛ける

お店を爆発させて、近隣に迷惑を掛ける営業マンは嫌だ!

しかも、爆発の元凶が勝手に売りつけられる余計な商品とは。。

 


。。
。。。
。。。。
。。。。。言わずもがな。

まとめ

いかがでしたでしょうか?こんな営業マンは嫌だ!

私の独断と偏見が多々ありますが。。。

でも、不動産屋に行って、嫌な気分になったことがある人もいらっしゃるかと思います。

別にあなただけじゃないですよ!

結構な確率で、「あの不動産屋やる気ないよね。」とか、「あの不動産屋の営業マン、めちゃめちゃ感じ悪いで。」とか聞きます。

人の振り見て、我が振り直せということで、私、カヲルも不動産業に邁進していきたいと思います。

では、また!