はてな?

オール電化エコキュートってなんだ?

いらっしゃい、カヲル(@arida_kaoru)です。

省エネに効果があると言われているエコキュートですが、システムやメリット、デメリットなどよく分からないという方もいらっしゃるかと思います。今回は、オール電化エコキュートについてご案内したいと思います。

エコキュートとは?

エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用し、自然冷媒である二酸化炭素へ集めた空気中の熱を使って、お湯を沸かす給湯器の総称です。正式名は、「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」となります。

「自然冷媒」って、自然界にある熱を移動させる媒体となる物です。はぁ?ですよね(笑)。わかりやすく言うと、熱を温度の高いところから低いところへ、低いところから高いところへ運ぶガスですね。プロパンとか、アンモニアとかもそうです。

「エコキュート」っていう名称自体は、関西電力の登録商標になります。他企業で使用する場合は、「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」の愛称で使われてます。

エコキュートの本体構造と仕組み

エコキュートは、以下の2つの機器で構成されることにより、お湯を作り、貯めておくことができます。

熱を取り込み、お湯を沸かす「ヒートポンプユニット(室外機)」
給水、および沸いたお湯を貯める「貯湯ユニット」
 

※画像引用 パナソニックHPより

まず、水道水の水が「貯湯ユニット」の下部から吸い上げられ、「ヒートポンプユニット」へと送られます。この「ヒートポンプユニット」は、見た目、性質ともにエアコンの室外機に似ており、電力を使用し、空気中の熱を取り込みます。

ヒートポンプユニット内に吸収された空気熱は「熱交換器」により冷媒へ集められます。冷媒は「圧縮機」により圧力をかけられることにより高温になり、「水熱交換機」へ送られ、お湯を沸かすことができます。

そして、沸いたお湯は「貯湯ユニット」に貯められ、お風呂屋やキッチンに供給されることになります。

エコキュートのメリット

「エコキュート」には、経済的(エコノミー)にも、環境にも良い(エコロジー)ということで大きなメリットがあります。

省エネ効果があり環境にやさしい

エコキュートの「ヒートポンプユニット」は、稼働する際に少量の電力を必要としますが、お湯を沸かすのに使用するのは、再生可能エネルギーである空気中の熱になります。機種によって多少の誤差はあるにせよ、今までの電気温水器に比べると、使用電力は1/3で済むと言われてます。

自然のエネルギーと電力をうまく利用することで、地球環境を考えた設備と言えます。

タンクに貯めた水は非常時に使用可能

「貯湯ユニット」のタンクには、常に大量の水、もしくはお湯が貯められています。この水は「非常用水栓」が付けられていれば、停電時や断水時にも取り出し可能です。

タンク内の汚れも想定されるため、煮沸処理しないと飲用水として利用できませんが、災害時には、生活用水として利用可能です。

光熱費の削減に

「エコキュート」は、基本的に電気代のお安い時間帯にお湯を沸かします。また、プロパンガスを利用している地域ですと、都市ガスよりも値段が高いため、光熱費を削減できる可能性がございます。

 

エコキュートのデメリット

自然環境によく、光熱費を削減できる可能性もあるというとメリットばかりのように聞こえますが、デメリットはないのか検討してみましょう。

すぐにお湯が出ない

外に設置した貯湯ユニットから配管を通ってお湯が出てくるまでに、少し時間が掛かります。ボイラー式のガス給湯器を利用されていた方が使用すると、お湯の出るまでの時間に不満を感じるかもしれません。

お湯の量の管理する手間がある

貯湯ユニットに貯めてあるお湯を使い切ると、湯切れ状態になります。湯切れになると新しくお湯が沸くまで、かなりの時間が掛かるため、お湯の使用料の管理が必要になります。

機種によっては湯切れしそうになるとお湯を沸かし始めるエコキュートもありますが、時間差で入浴されるご家族は何度も足し湯を行うことにより、予想以上に電気代が掛かってしまうこともあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?オール電化エコキュート。現在、和歌山市内、海南市、有田市を中心に戸建賃貸アパートが人気を集めております。その戸建賃貸アパートの多くに取り入れられているのが、このエコキュートになります。自然環境や光熱費の削減なども考え、オール電化エコキュート物件に住んでみませんか?

オール電化エコキュート物件のお問い合わせは、こちら!