案内日記

【後悔】賃貸の契約の連帯保証人をやめたい!

いらっしゃい、カヲル(@arida_kaoru)です!
昨日、営業終了前、18時40分頃にお客さんがご夫婦?で来店されました。お部屋探しでしょうか?とお伺いしましたら、どうやら違うようです。

女性
女性
今、お部屋の連帯保証人になってまして、やめたいんですけど、やめれますか?
カヲルくん
カヲルくん
何かありました?どういう状況ですか?
女性
女性
義理の弟の連帯保証人になってるんですけど、病気等で仕事が出来ない期間があって、その間の賃料支払いが滞ってるんです。その分を支払ってくれと大家さんに言われたんですけど、、。
カヲルくん
カヲルくん
なるほど、実際に支払ったんですか?
女性
女性
いや、まだ支払ってはなくて、義理の弟に話して、払うように話したところです。でも、子供も大きくなってお金も掛かってくるんで、今後のこと考えたら、やめたいなと思いまして、、。

という内容でした。

 

結論としては、単独にやめるということは難しい。です。

 

女性
女性
じゃ、どうすればいいでしょうか?

賃貸借契約の連帯保証人をやめたい

連帯保証人には絶対になるな!と言われている方は、多いかと思います。でも、借金の連帯保証人という印象が強く、賃貸契約の連帯保証人は、意外と簡単に承諾してしまうケースが多いように思います。借金でも賃貸契約でも連帯保証人は連帯保証人です。簡単に「連帯保証人やーめた!」とは出来ません。では、今回のようなケースの場合、どうすればよいでしょうか?

連帯保証人の変更

連帯保証契約は、連帯保証人さんと大家さんの契約なので、大家さんがOKすれば、連帯保証人さんを変更することは可能です。
ただ、現実的に考えて、契約者が滞納しそうなので、代わりに連帯保証人になってもらえないか?ということでOKもらえる方は少ないと思います。

カヲルくん
カヲルくん
確かにね。自ら難事に飛び込むようなもんだもんね。

 

家賃保証会社に切り替え

代わりの連帯保証人さんに変更するのではなく、保証会社に切り替えるという方法もございます。保証会社とは、保証料を支払って、契約者を連帯保証する会社になります。いうなれば、「連帯保証請負います会社」です

※日本賃貸保証から引用(日本賃貸保証)

当社の場合、日本賃貸保証という保証会社を利用しております。契約時に契約者様が日本賃貸保証に月額賃料の30%の保証料を支払うことにより、保証契約が成立します。保証契約は、2年間有効です。契約から2年後に再度、月額賃料の30%を支払うことにより、保証契約を継続することが可能です。

カヲルくん
カヲルくん
最近は、保証会社利用必須という物件も多いですよ。

保証会社に変更出来るようでしたら、保証料は掛かりますが、一番スムーズかなと思います。

・大家さんのメリット=滞納発生時に督促の電話をしなくてもいい
・契約者のメリット=連帯保証人に迷惑を掛けなくていい

ただ、保証会社はここ10年くらい前に広まったシステムでして、高齢の家主さんになると、システムを詳しく知らないや、存在自体を知らないという方も稀にいらっしゃいます。そういった場合、家主さんに保証会社を説明し、納得してもらうということが必要になります。

まずは、契約した不動産会社に相談に行き、保証会社の審査を通してもらい、保証会社の審査OKとなったら、不動産会社を通して、家主さんに説明してもらうというのが現実的な方法かなと思います。

カヲルくん
カヲルくん
正直、お金にならない仕事なんで、軽くあしらって終了させる不動産屋もいるからね。気を付けて。

 

貸主より契約解除

女性
女性
代わりの連帯保証人さんが見つからない、保証会社の審査も落ちたという場合、どうすればいいですか?
カヲルくん
カヲルくん
はい、その場合は策がありません。
女性
女性
ですよね。。

代わりの連帯保証人がいない、保証会社の審査も下りないという場合は、どうするか、、、、、

 

今の契約自体を取りやめる以外方法はありません。

 

・家主さんに話して、滞納を理由に契約を解除してもらう
・契約者さんと話して、契約解約してもらう

この2通りくらいが残された方法です。

カヲルくん
カヲルくん
もはや、最終手段ですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
連帯保証人をやめたいという場合、保証会社との契約に変更するというのが一番現実的な方法かなと思います。あとは、家主さんと交渉してくれる不動産会社があるかどうかですね。契約している物件に管理会社があれば、管理会社で手続き取れるかと思いますが、管理会社がない個人家主管理の物件の場合、協力してもらえる不動産屋を探すことがスタートになります。
その他、契約に関してのお困りごとなどございましたら、何なりとご連絡くださいませ。